Wait


一定時間待機します。エフェクトなどと組み合わせて使います。

サンプル

リファレンス

Command 説明 Arg1 Arg2 Arg3 Arg4 Arg5 Arg6
Wait 指定時間待機する 待機秒数
WaitInput 入力があるか一定時間経過まで待機する 待機秒数。指定がない場合、時間経過では待機解除しない
WaitCustom カスタム待機処理。プログラム上で待機解除するまでずっと待機する

WaitCustomのサンプル

WaitCustomはプログラム上で何かしらの処理を待つときや、カスタムUIを組み合わせて使います。
待機を解除するには、 AdvEngine.UiManager.IsInputTrigCustom = true; とする必要があります。

自作したUIがクリックされるまで待機する処理 

public AdvEngine engine;
//独自のボタンが押されたときに呼ばれる処理
public void OnClick()
{
//WaitCsutomの解除
 engine.UiManager.IsInputTrigCustom = true;
//以下に その他の独自処理を記述



}

参考:自作したuiからシナリオへジャンプする方法