エクセルファイルを複数使ったり、章ごとに分けてシナリオファイルを管理する


シナリオを複数人で分担して作成するときなど、シナリオファイルを複数に分けたい場合の設定方法です。

エクセルファイルを増やす

2つ目以降のエクセルに設定できるのは、シナリオシートのみです。CharacterやTextureなどの設定用シートを混ぜないでください。これらは「ゲーム内に一つだけ」になるため、一つ目のエクセルファイルにのみ設定してください。

宴2.6.0からは、CharacterやTextureなどの設定シートも複数のファイルで使えるようになりました。
ただし、同じラベルのデータを上書きしたりすることはできません。データが重複しないようにしてください。
また、必要なシート以外は削除して構いません。(シナリオのデータのみ追加というこも可能)

シナリオデータビルダーを開く

インポート対象のエクセルファイルを複数設定する

設定したらインポートをする。

AdvEngineStarterを選択
宴2.6.0以降ではこの処理は不要です。

読み込むシナリオデータを複数設定する
宴2.6.0以降ではこの処理は不要です。

章ごとにシナリオを分ける

シナリオは、章ごとに分けることも可能です。

章に分けた場合は、DLするときに章ごとにDLするということも可能です。
こうすることで、初回のDL負荷を減らしたり、未実装データの追加データとすることも可能です。


SampleChapterというサンプルを用意しましたので、そちらを確認してみてください。

まとめ

・インポート対象に新しいエクセルファイルを設定する
・章に分けることも可能
・AdvEngineStarterにインポートされたシナリオデータAssetを設定する。