Static Asset Mangaer


動的にロードせずに、常に保持するアセットを設定できます。
Resourcesにおきたくないアセットや頻繁なロードを避けたいものをここで設定します。
また、3DモデルやプレハブはAssetBundle化が難しい場合がありますが、ここに設定すればAssetBundle化しなくて良い必要がなくなるという利点もあります。

名前 内容
Assets 常に保持するアセットを設定

ただし、通常ロードするファイルを含めて同じファイル名は使用禁止です。違うディレクトリであっても、ファイル名が同じであればここで設定したアセットを使うように設定されるので注意してください。