イメージエフェクト


宴Version3以上が必須
ルール画像というパターンデータに従ったフェード効果。
これは一般的には「トランジション」という画面切り替え機能として知られている機能ですが、宴の場合はオブジェクト単位にもかけるられるのでより柔軟な表現をすることができます。

サンプル

リファレンス

Command 説明 Arg1 Arg2 Arg3 Arg4 Arg5 Arg6 WaitType
ImageEffect 指定したカメラに
イメージエフェクトをかける
カメラ名 イメージエフェクト名
下記一覧から選択
キーフレームアニメーション名 フェード秒
空欄の場合0
ウェイトタイプ
ImageEffectOff 指定したカメラの
イメージエフェクトを解除する
カメラ名 イメージエフェクト名
下記一覧から選択
キーフレームアニメーション名 フェード秒
空欄の場合、0
ウェイトタイプ

カメラの違い

イメージエフェクトはカメラにかけるものになります。
たとえば、UtageのデフォルトではSpriteCameraで背景やキャラクターなどの描画、UICameraでUIの描画を行っています。
この場合、Arg1に指定するカメラにどちらを指定するかで効果が変わります。

SpriteCameraにイメージエフェクトをかけた場合

UIにはイメージエフェクトがかかりません

UICameraにイメージエフェクトをかけた場合

UIも含めてイメージエフェクトがかかります。

ただし、UIにかけた効果はセーブロード画面などでも継続します。
そういった状況をさけるのであれば、「メッセージウィンドウ用のUIカメラと、通常のUIカメラを分ける」などとしてみてください。

イメージエフェクト一覧

宴ではイメージエフェクト以下のイメージエフェクトを使うことができます。

GrayScale

グレースケール
Arg6にフェード値を設定可能

Sepia

セピア
Arg6にフェード値を設定可能

NegaPosi

ネガポジ反転

Blur

ブラー
注)Unity5.0.0f3では、iOSをMetarlでビルドするとエラーになる。

MotionBlur

モーションブラー

Bloom

ブルーム

Mosaic

モザイク

FishEye

魚眼カメラ

Twirl

トウェル

Vortex

ボルテクス

イメージエフェクトのアニメーション

イメージエフェクト再生時に、アニメーションをさせることができます。

上記の「イメージエフェクト一覧」におけるFishEye、Twirl、Vortexのスクリーンショットはアニメーションを設定した例になります。

イメージエフェクトのアニメーションのサンプル

イメージエフェクトにアニメーションをつけるには、Animationシートにあらかじめアニメーションデータを設定する必要があります。

実際のサンプルはこのようになります。

プログラム内部のコンポーネントプロパティに対するアニメーションを利用しています。
詳細は指定した名前のコンポーネントに対するアニメーション

BlurとBloom をiOSで使う場合

ブラーとブルームは、Unity5.0.0f3では、iOSをMetarlでビルドするとエラーになります。
Unity側のバグのようですので、修正されるまでは
PlayerSettingsから、iOSのGraphicsAPIをOpenGL優先(またはMetarlを削除)するか、ブラーとブルームは使わないようにしてください