レイヤー操作


レイヤー(キャンバス)を操作するコマンド
宴Version3以上が必須

Tweenアニメーションをレイヤー単位でかけたり、レイヤー以下のオブジェクトをすべて非表示にすることができます。
レイヤーはレイヤーシートで設定できます。

サンプル

リファレンス

Command 説明 Arg1 Arg2 Arg3 Arg4 Arg5 Arg6
LayerOff 指定のレイヤー上に表示されているオブジェクトをすべて非表示にする レイヤー名 フェード秒
空欄の場合、0.2
LayerReset 指定のレイヤーを初期状態にする
Tweenコマンドなどで変化したレイヤーを元の位置に戻したりするのに使用してください
レイヤー名

レイヤーを操作するその他のコマンド

TweenコマンドShakeコマンドPlayAnimationコマンドはレイヤーを対象にすることができます。

レイヤーとキャンバス

宴3から、レイヤーは実質uGUIのCanvasと同じです
さらに、UnityにはLayerMaskという「カメラの描画対象のタグ」としてのレイヤーの概念があるので、
レイヤーではなく「キャンバス」と呼ぶべきだったかもしれません。
あえてレイヤーとしているのは、2Dゲームにおけるレイヤーのイメージとしての「一定の描画階層・位置を持つ描画グループ」の意味で作ってしまったため、その名前のままになっています。
混乱をさせてしまうかもしれせんが、宴で使っているレイヤーの意味はこのようになっていますのでご注意ください。