Adv Save Manager


ゲームのセーブ・ロード処理をする。

名前 内容
File IO Manager ファイルの入出力際の管理オブジェクト
セーデータファイルの符号化に使用する
未設定の場合、シーン内から検索して設定する。
Type セーブタイプの設定
All Page : 全てのページでセーブ可能にします。ロード時は各ページの先頭から再開されます。デフォルトのセーブです。
SavePoint : シナリオラベルで指定してある部分のみセーブ可能です。ロード時は、直前のセーブポイントから再開します。
Disable : セーブを無効化します。
Is Auto Save オートセーブを有効にするか
Directory Name セーブデータディレクトリの名前
File Name セーブファイルの名前(実際のファイル名は連番で数字が追加される)
Default Setting/
WebPlayer Setting
セーブファイルの設定
DefaultとWebPlayerで分かれているのは、WebPlayerではセーブファイルの容量制限(1MB)があるため
Defaultのほうはファイルの最大数を増やしたり、キャプチャーサイズを大きくしても問題ない
Capture Width キャプチャーしたゲーム画面のサイズ(横)
Capture Height キャプチャーしたゲーム画面のサイズ(縦)
Save Max セーブファイルの最大数
Custom Save Data Objects セーブデータを独自拡張する時に設定する、カスタムセーブデータ用のオブジェクト

宴のセーブについて

宴は基本的には、特に何も設定しなくても、自動的に全てのページでセーブできるようになっています。
通常は問題ないのですが、一度リリースしたゲームを修正・アップデートする際には注意が必要になります。
というのも、セーブの仕組みとしては「シナリオラベルからのページ数」で記録しているため、ページ数が増えたり減ったりする変更があると、再開するページがずれてしまためです。
また、「セーブ時に鳴っていたBGM」や「背景のテクスチャ」なども記録しているのですが、シナリオのアップデートや修正で、これらが消えてしまったりファイルパスが変わると、ロードエラーになってしまいます。

実は、この「どこでもセーブ可能」というヴィジュアルノベルの基本的な仕組自体が、「ゲームリリース後もアップデートされるのが普通」という最近のモバイルゲームの常識からすると時代遅れな気もしています。
なので、宴2.6.0から、どこでもセーブではなく、シナリオが一区切りした「セーブ可能なポイント」だけでセーブ・ロード可能なパターンを追加しました。

セーブポイント方式

セーブポイント方式を使うには
1.Adv Save Managerの「Type」を「SavePoint」に

2.セーブポイントを設定したいシナリオラベルのArg2に「SavePoint」と記述

3.Arg3は、セーブのタイトルになります。(未記入の場合はそのページのテキストが自動的に設定されます)

となります。これで、再開時にはセーブポイントの場所から再開されるようになります。
セーブポイントの直前で、背景やBGMなどを全てクリアして再開時に表示しなおすような形にすれば、互換性も保ちやすくなると思われます。