その他外部アセットの対応 例:Spine


宴ではプレハブをロードして単純に表示するだけであれば、簡単に拡張ができます。
これを利用すれば、外部のアセットの表示も可能です。
以下、SpineのUnityアセットを例に外部アセットへの対応方法を解説します。

拡張プログラムを書く

表示するプレハブを宴で表示するためのコンポーネントを自作して、それを使う必要があります。
コンポーネントは、IAdvGraphicObjectCustom, IAdvGraphicObjectCustomCommandというインターフェースを継承する必要があります。
これらのインターフェースを実装することで、宴のシステムと繋げたり、エクセルに記述された描画コマンドの引数などを読み取って描画に反映することが可能になります。
インターフェースは、以下のメソッドを持っていますので、必要に応じた実装をしてください。
特に、SetCommandArgでエクセルで記述してある描画コマンドの記述を拾ってこれますので、必要に応じて適用してください。

        //描画時のリソース変更の際に呼ばれる
        public void ChangeResourceOnDrawSub(AdvGraphicInfo graphic)
        //エフェクト用の色が変化したときに呼ばれる
        public void OnEffectColorsChange(AdvEffectColor color)
      //********描画時の引数適用********//
        public void SetCommandArg(AdvCommand command)

以下、Spineの通常オブジェクトを表示するサンプル

using UnityEngine;
using UtageExtensions;
using Spine.Unity;

namespace Utage
{
	[AddComponentMenu("Utage/ADV/Internal/GraphicObject/Spine/Default")]
	internal class AdvGraphicObjectSpine : MonoBehaviour, IAdvGraphicObjectCustom, IAdvGraphicObjectCustomCommand
	{
		SkeletonAnimation SkeletonAnimation { get { return this.GetComponentCache<SkeletonAnimation>(ref skeletonAnimation); } }
		SkeletonAnimation skeletonAnimation;

		AdvGraphicObjectCustom AdvObj
		{
			get
			{
				if (advObj == null)
				{
					advObj = this.GetComponentInParent<AdvGraphicObjectCustom>();
				}
				return advObj;
			}
		}
		AdvGraphicObjectCustom advObj;

		//描画時のリソース変更
		public void ChangeResourceOnDrawSub(AdvGraphicInfo graphic)
		{
			SetSortingOrder(this.AdvObj.Layer.Canvas.sortingOrder, this.AdvObj.Layer.Canvas.sortingLayerName);
		}

		//描画順の設定
		void SetSortingOrder(int sortingOrder, string sortingLayerName)
		{
			Renderer render = GetComponent<Renderer>();
			render.sortingOrder = sortingOrder;
			render.sortingLayerName = sortingLayerName;
		}

		//エフェクト用の色が変化したとき
		public void OnEffectColorsChange(AdvEffectColor color)
		{
//			SkeletonAnimation.color = color.MulColor;
		}


		//********描画時の引数適用********//
		public void SetCommandArg(AdvCommand command)
		{
			string animationName = command.ParseCellOptional<string>(AdvColumnName.Arg2, "");
			if (string.IsNullOrEmpty(animationName)) return;

//			float fadeTime = command.ParseCellOptional<float>(AdvColumnName.Arg6, 0.2f);
			SkeletonAnimation.state.SetAnimation(0, animationName, true);
		}
	}
}

uGUIに対応した表示の場合は、「IAdvGraphicObjectCustom」というインターフェースを使う必要があります。

using UnityEngine;
using UtageExtensions;
using Spine.Unity;

namespace Utage
{
	[AddComponentMenu("Utage/ADV/Internal/GraphicObject/Spine/Graphic")]
	internal class AdvGraphicObjectSpineGraphic : MonoBehaviour, IAdvGraphicObjectCustom, IAdvGraphicObjectCustomCommand
	{
		SkeletonGraphic SkeletonGraphic { get { return this.GetComponentCache<SkeletonGraphic>(ref skeletonGraphic); } }
		SkeletonGraphic skeletonGraphic;

		AdvGraphicObjectCustom2D AdvObj
		{
			get
			{
				if (advObj == null)
				{
					advObj = this.GetComponentInParent<AdvGraphicObjectCustom2D>();
				}
				return advObj;
			}
		}
		AdvGraphicObjectCustom2D advObj;

		//描画時のリソース変更
		public void ChangeResourceOnDrawSub(AdvGraphicInfo graphic)
		{
		}

		//エフェクト用の色が変化したとき
		public void OnEffectColorsChange(AdvEffectColor color)
		{
			SkeletonGraphic.color = color.MulColor;
		}


		//********描画時の引数適用********//
		public void SetCommandArg(AdvCommand command)
		{
			string animationName = command.ParseCellOptional<string>(AdvColumnName.Arg2, "");
			if (string.IsNullOrEmpty(animationName)) return;

			//			float fadeTime = command.ParseCellOptional<float>(AdvColumnName.Arg6, 0.2f);
			SkeletonGraphic.AnimationState.SetAnimation(0, animationName, true);
		}
	}
}

表示したいオブジェクトをプレハブ化

表示したいオブジェクトをプレハブ化して、宴のリソース管理フォルダ(Characterフォルダなど)の下に置き、
上記のコンポーネントをAddComponentします。

CharacterシートやTextureシートにプレハブを追加

CharacterシートなどでFileNameにプレハブのパスを
FileTypeに「Custom」、uGUIに対応した表示の場合は「Custom2D」と設定します。

表示テスト

上記の対応で、通常の宴のオブジェクト同じように表示可能です。
ただし、テクスチャ書き込み機能は表示するオブジェクトがテクスチャ書き込みに対応していない場合は使用できません。
特に、半透明のオブジェクトの場合は、殆ど対応していないと思います。